声を出すということ

声を出す。

当たり前のことなのに、

何が違うのか

いい声ですね、と言われる私。

プロだから?

元から良いから?

いやいや、毎日向き合って、毎日工夫してるからです。

モデルの人が体型を維持するのも、スポーツ選手がトレーニングするのも、僕らが良い声をキープするのも、同じだと思っています。

近い業種の、シンガーの人ですら、僕のしゃべる声の工夫を聞いて、「すごい、そして全然違う」と言います。

僕は「普通にしゃべる声のプロ」です。

さて、ではあなたは今からどうしましょう?

どこからスタートしますか?

トレーニングの第一歩は

ため息だったりします(僕は、ですけどね、あくまで)

詳しくはいずれ動画でレッスンできればいいですね。

以前3ヶ月コースで藤田琢己のラジオDJ講座をやっていました。

足掛け2年ほどやってましたかね。

そのどのレッスンでも、スタートはため息から始めました。

まぁ、そのまえに腹式呼吸も初めにやるんですけどね。

まずはため息から、リラックスして息を出して、声を乗せてみましょう。